短足ですけど・・・何か?

ゆる~いブログです

伊豆は雲見温泉に行ってきた

今年も12月となりました。
月日が過ぎるのが早く感じる=歳を負っている事が切ない管理人です。
日に日に寒さも厳しくなり、忘年会などで何かと慌ただしい時期ですが、先日『バイク乗りの忘年会』と題し、西伊豆雲見温泉に行ってきました。

雲見温泉西伊豆松崎町に有る小さな温泉郷ですが、正直遠くアクセスも良好とは言えない事から『伊豆の秘境』とも言われいるそうです。
運行バスも凄く少なそうだし、周辺には何も無さそうな山と海に囲まれた小さな漁村ですが、漁村ならではのオモテナシが雲見温泉の最大の魅力。

ちょいと熱めの塩泉と、朝捕れ新鮮な魚介類を豪快に使った料理。そしてコスパ最高な良心価格。
遠く遠くの地だけど、何度でもリピートしたくなる温泉地でも有り、冬季になると毎年必ず訪れる地でも有ります。

f:id:tibitansoku:20171130230528j:plain

【公式サイト】西伊豆・雲見温泉観光協会

早く温泉に浸かって魚と酒をたらふく喰いたい一心で、一年ぶりの雲見温泉へ向かった人達がコチラ

f:id:tibitansoku:20171130230922j:plain
コーク・バリントン、ガイ・マーティン、フランコ・ウンチーニ、ジャコモ・アゴスチーニな人達
益々バイクに統一性の無い個性的な人達の集まりです。

毎日寒い日が続く中、好天と初秋を思わせる気温と言う奇跡的なツーリング日和到来。
2日目はウィンタージャケットでは暑い位でした。

毎年早朝から出発しているが、伊豆半島は結構な頻度で行っているので、特に寄り道候補な場所も見当たらず。
寒い朝はユックリしたい」とダメダメ中年が集っている事も手伝い、とっくの前に通勤通学時間が過ぎ去った遅めの時間に出発し、ノンビリ移動して夕日が沈む前に到着。
ソソクサと荷物を宿に入れ、真日が沈む前に行ってみたいよね。と、とある場所へ。

f:id:tibitansoku:20171130233020j:plain
小さな丘(山?)を登った先には・・・

f:id:tibitansoku:20171130233128j:plain
こんな絶景な景色が垣間見れました。
更に丘(山)を下れば・・・

f:id:tibitansoku:20171130233301j:plain
夕日を浴びる千貫門が有りました。
凄く幻想的です。

f:id:tibitansoku:20171130233427j:plain
西伊豆では綺麗な夕日が有名ですが、磯で見るそれは感動です。

f:id:tibitansoku:20171130233635j:plain
家族や恋人へのサプライズにも良いかもよ??

もう一点
雲見温泉は『世界一富士山が綺麗に見える町』と謳っていますが、大袈裟でも偽りでも無く本当に綺麗に見れます。
こんな感じで

f:id:tibitansoku:20171130225000j:plain
今年になって何回目か忘れたけど、淡いピンクに染まる富士山を見たのは初めて。
中々日帰りで見るのは厳しいかもしれませんが、伊豆に行ったら是非お勧めの景勝地です。

そんな絶景を見た後は、お待ちかねの夕食です。
旨かったけど、ちょっと思う事が有り無掲載と言う事で(苦笑)

感動と言う意味では印象に残らないツーリングだったけど、これにて今年の宿泊ツーリングは終了。
また春の訪れと共に活動が再開したいですね。

おつかれ様でした。

f:id:tibitansoku:20171130234940j:plain