短足ですけど・・・何か?

ゆる~いブログです

防水透湿素材界の新星なの??

今年も早いもので11月です。
外はメッキリ寒くなり、朝仕事に行くのも気が滅入ります。
なんて年がら年中気が滅入ってますが・・・何か??

朝仕事で起きるのも辛いが、バイク乗りにとっても辛い時期到来。
防寒防風機能を持ったアイテムが欠かせませんね。
そんな矢先、このクシタニの防寒グローブを見て興味津々。

f:id:tibitansoku:20171121233739j:plain

『K-5573 アウトドライ・ウィンターグローブ』に釘付け
まるで忍者が着ている着物のようなデザインも去ることながら、『OutDry』なる素材が使われている点に注目。

『OutDry』とは何ぞや??
と興味が尽きず、調べて行くと防水透湿素材だとか。

f:id:tibitansoku:20171121234821j:plain

www.outdry.com


防水透湿素材と言えば、バイク用のアパレルでも多くの製品が採用しています。
雨具やウィンタージャケットなどでしょうか。
その最たるメーがーが『GORE-TEX』かと。

f:id:tibitansoku:20171121235411j:plain
筆頭としちゃっても良いじゃない?
と言う程有名だけど、お高いのが玉に瑕。
なので・・・
GORE-TEXよりお手軽ながら、似たような性能を持つ『ウレタン系防水透湿素材』を用いたアパレルも有ります。
ただGORE-TEX違い経年劣化が必ず訪れるようですが・・・

そんな矢先彗星のように現れた(?)『OutDry』
調べてみるとGORE-TEXを超える素材らしい??

服や靴の生地に対しての加工方法の違いが決定的らしく、縫目が生じてしまうGORE-TEXでは縫目から入った水により、「蒸れ」「湿気」「重量増」が発生するリスクが伴うのに対し、OutDryは生地に直接接着する事で隙間が埋まるので、縫目から水が入る事も無く快適環境が保たれるそうです。


私は自称「GORE-TEX大好きオッサン」
GORE-TEXを超える素材となれば、気になって気になって仕方ありません。
ただセールストークとして良い謳い文句は幾らでも出るが、デメリットとなると如何でしょうか。
特に経年劣化や耐久性など知りたいが、まだ新しい素材らしいので、、、(苦笑)

またOutDryを扱っているメーカーが少ないようですね。
アウトドアメーカーでは『コロンビア(マウンテンハードウェア』と『モンベル

f:id:tibitansoku:20171122003642j:plain

www.columbiasports.co.jp




f:id:tibitansoku:20171122003710j:plain

 

www.mountainhardwear.jp

f:id:tibitansoku:20171122004704j:plain

www.montbell.jp

 

 
バイク用アパレルメーカーでは『クシタニ』のみ??


f:id:tibitansoku:20171122003853j:plain

 

www.kushitani.co.jp


 ん~~~
人柱でアウトドライ・ウィンターグローブ買っちゃおうかな(汗)
久々のブログ更新にて。
大きな呟きでした。