短足ですけど・・・何か?

ゆる~いブログです

セローのオイル交換をしてみた

雨季よ。こんなに早く何処へ?
あっさりと夏にバトンを渡し、毎日くそ暑い日が続いています。
殺人級なこの暑さ。マジで熱中症に気をつけないと。ですね。

先日セローのオイル交換しました。

f:id:tibitansoku:20180715193401j:plain
ODOは4338キロだけど、今回で3回目のオイル交換
シングル250ccなエンジンにはチット辛い?
高速使った遠距離ツーが多かった為、オイル交換サイクルも早めとしました。
過保護過ぎと言われそうだけど(苦笑)

余談だが高速道路を走行中のエンジン回転数に興味津々♪
エンジン音からして、かなり高回転を回し続けいそう。

f:id:tibitansoku:20180715194106j:plain
今回は『MOTUL5100』をチョイス。
選んだ理由はセールだったから。(毎回同じ理由で選んでいるような・・・)
今回はオイルの銘柄より、硬めの粘度を気にしてみる事に。
これから暑くなるから。と言う理由で15W50を選択

f:id:tibitansoku:20180715194841j:plain再装着が面倒なアンダーガードを外し・・・

f:id:tibitansoku:20180715195012j:plain

オイルをドボドボと排出
M12のパッキン入れて、トルク20N・mでガチャンと締め付け

f:id:tibitansoku:20180715195320j:plain
ついでに凄まじい砂&泥汚れを掃除
画像では汚れ感がイマイチだけど、実際は嫌になる程の汚れっぷり(苦笑)

f:id:tibitansoku:20180715195536j:plain
見えない所は綺麗にし、見える所は適当が身上な捻くれ者な管理人。
しかし飽き性なのも手伝って、全く綺麗になっていなくても無問題なのであります。

こんな調子で、いつでも汚いバイクが出来上がり(笑)

オイル交換その後
流石に硬いオイルでセルが苦しそうな。
これぞ正しく『ザッ!オイル抵抗!!』と言わんばかりに、温まるまではマッタリなフィーリング(苦笑)
エンジン音も静かなもんです。
温まってしまえば軽やかに回るので良しとしています。

 

戸隠神社・戸倉上山田温泉ツーリングに行ってきた~2日目編~

記事が長くなる為、今回は二部構成としています。
前回までの記事はこの下

tibitansoku.hatenablog.com
前回は出発から宿まで編。
今回は旅行をメインにUPしていきます。

ハッキリしない天候の初日と違い、朝から青空広がる旅行日和な2日目
飲み過ぎでボーとしている最中、ちょっと早めに朝食を取ることに。

f:id:tibitansoku:20180526234830j:plain
食事場所前に飾られた古民具とオブジェ
和みを感じますね。

f:id:tibitansoku:20180526235212j:plain
朝食の全貌
見た目は質素だけど、結構お腹の満足度は高かったでした。
深いコクの湯豆腐は半端じゃなく旨かった!!
素泊まりと然程価格が変わらないのに、この内容はコスパの良さを実感します。

f:id:tibitansoku:20180526234453j:plain
今回お世話になりました『亀清旅館』を後にし、目指すは戸隠神社
ここからは下道で短距離or高速で遠回りなルートを選べますが、下道で行く事に決めて失敗。
長野駅付近での渋滞。地味に長かった(苦笑)
善光寺の裏から向かうも、善光寺からの距離も結構有りました。
高速で『信濃町』で降りた方が良かったかも??

 

渋滞&道間違いも有り、予定時刻を大幅に経過

f:id:tibitansoku:20180526235820j:plain
戸隠バードラインから見た『大座法師池』
小さな池だが素晴らしく綺麗な池で、嫌が上でもテンション上がります。

大座法師池から先に進みと、高原地帯らしく一段と肌寒くなる事に。
20分位進めば『戸隠神社 宝光社』を通過。
更に急な坂道を上れば『戸隠神社 中社』を通過。
ややフラットな森林道路を進めば、目的地『戸隠神社 奥社』に到着
無料駐車場が解らず誘導員に訪ねたら、有料駐車場に通されちゃいました(苦笑)
屋根があるので雨の日は良いかも。
目の前の空き地が無料??

f:id:tibitansoku:20180527000234j:plain
駐車場からちょい歩けば、奥社の入り口に到着

f:id:tibitansoku:20180527001037j:plain緩やかに登るなが~~~~い直線路に開口
スケールのデカさに感動すら覚えます。

f:id:tibitansoku:20180527001154j:plain
ここから随神門まで約1キロですが、えらく長く感じます。

f:id:tibitansoku:20180527001619j:plain随神門に到着
ある意味ここからが本当のスタート?
巨木な杉並木を通っていきます。

f:id:tibitansoku:20180527001803j:plainなんとも神秘的な道です。

f:id:tibitansoku:20180527002032j:plain

杉パワーとマイナスイオンを感じるよね。と意気揚々は最初だけ。
ここから傾斜もきつくなり・・・

f:id:tibitansoku:20180527002118j:plain

後半になるにつれ、プチハイキングコースと化してきます。
風景?疲れて景色見る余裕有りません。

f:id:tibitansoku:20180528213328j:plain
この滝が見えれば、到着まで後少し

f:id:tibitansoku:20180528213714j:plain
戸隠神社に到着
息切れまくってましたが、こんなに苦労して来たのだから、神様も評価してくれるはず(苦笑)

戸隠神社のすぐ隣には・・・

f:id:tibitansoku:20180528213855j:plain

 

f:id:tibitansoku:20180528213949j:plain
縁結びの九頭竜社が祀られてました。
個人的には、ある意味こちらがメインかと(苦笑)
 
前情報では『ちょっとハイキング気分』と有ったが、トレッキングシューズや登山靴など、歩きやすい靴は必須ですね。
特に帰りの階段は膝に響く印象だったので、ヒールやパンプスなどは絶対にお勧めしません。

かる~く足が棒になっている面々ですが、戸隠と言ったら『戸隠そば』を食べずに帰る訳には行きません。

f:id:tibitansoku:20180528220809j:plain
中社周辺には「蕎麦屋しか無いんじゃないの?」と思わんばかりに、蕎麦屋が沢山あるの中で、『戸隠堂』に立ち寄りました。
香り高く歯応えも有り、美味い蕎麦でした。

腹もスッカリ満たされ、時計を見れば13時半を過ぎています。
鬼無理方面から帰る事にしましたが、地図から想像する以上に安曇野まで遠かった。

f:id:tibitansoku:20180528221348j:plain
途中雪を纏った北アルプスが見れました。
この時期にしか見れないらしいので、貴重な風景を見れたと思います。

内容の濃い『戸倉上山田温泉戸隠神社』ツーでしたが、観光は初日が良いですね。
凡そ680キロツーリング。
観光後の帰宅は結構堪えたかと(苦笑)

 

戸隠神社・戸倉上山田温泉ツーリングに行ってきた。~1日目編~

今までは旅館をメインとしていたツーリングだが、ココ最近は積極的に観光をもメインにベントとしています。
その先駆けとなったのが、今回ブログネタに挙げる『戸倉上山田温泉
一年ぶりに再訪問してきました。

f:id:tibitansoku:20180525221850j:plain

肝心な観光

昨年は電車に乗って、、、、

f:id:tibitansoku:20180525213248j:plain


善光寺

f:id:tibitansoku:20180525213319j:plain


今年は観光を2日目に決行
f:id:tibitansoku:20180525213541j:plain戸隠神社の奥社に行ってきました。

今までの流れでは行った人達紹介していましたが、誰だか分からん人達を紹介しても無駄と気づいたので、とっととネタを進めます。
本音は面倒なだけなんですけどね。


やっぱり雨が好きな我々です。~雨男は誰だ!編~

1日前は初夏の陽気。
ツーリングの次の日は、過越しやすい春日
なのになのに、ツーリングの2日間だけ雨予報って??
ハズれてくれとの祈りも届かず、確実に雨が降ると言うツーリング当日を迎えます。

そんな雨事情なツーリング初日は宿に直行とし、山梨と茅野市付近で降られた雨に苦笑しつつ、到着しました戸倉上山田温泉へ。

~良い宿だったよ紹介編~
今回お世話になった宿

f:id:tibitansoku:20180525214934j:plain
外人な若旦那で話題の宿、亀清旅館を利用しました。
長野/戸倉上山田温泉 旅館「亀清」〜館内〜

 

f:id:tibitansoku:20180525215223j:plain
昨年は素泊まりでしたが、今年は朝食付きで利用。
夜は近所の居酒屋を利用する事としました。

f:id:tibitansoku:20180525220136j:plain

古さの中にも趣が有る宿で、ほのぼのとした雰囲気な若旦那と若女将も手伝い、とても居心地の良い宿です。
今度上山田温泉に行くとしたら、迷わずリピートすると思います。

f:id:tibitansoku:20180525220216j:plain
今回は離れ(別荘)に通されましたが、おそらくタイラーさん(若旦那さん)のセンスなんだろうな。と思わせる演出有り、イヤハヤ良い部屋でした。

f:id:tibitansoku:20180525220454j:plain
曇り全開でゴメンナサイ。
全くわからないと思いますが、こちら内湯
戸倉温泉・上山田温泉とも定評の有る泉質だそうで、温泉好きにも評判の高いらしい。

f:id:tibitansoku:20180525220717j:plain
タイラーさん(若旦那)お手製の露天風呂
手先器用ですね。
広くはないけど、逆に独り占めしたような気分にさせる良い風呂です。


宿に到着後は『雨で冷えた身体を温めたいよね。』と口走る一同。
戸倉上山田温泉には数箇所の共同浴場が有名なので、行かなきゃ損損と言うことで、、、

f:id:tibitansoku:20180525221759j:plain昨年は瑞祥へ
スーパー銭湯のようだが、広い内風呂は好印象

f:id:tibitansoku:20180525222049j:plain
今年は『かめ乃湯』を利用しました。
半端じゃなく安くて良いのですが、石鹸やシャンプー類は別途購入。
瑞祥に比べると小ぢんまりとし、地元客と思われる人達で賑わってました。
旅人は瑞祥の方が利用しやすい印象でした。


~待ってました今夜の夕食編~
前回は素泊まり。今回は朝食のみで宿を利用しましたが、その理由は『飲みたい』『たらふく喰いたい』そして、1番の理由は『美味い馬刺しを沢山喰いたい』
そんな何よりも『喰い』な一同の期待に答える店がコチラ

f:id:tibitansoku:20180525223038j:plain
『居酒屋ゆかり』です。
18時頃から入りましたが、地元の人達なのでしょうか。
既に客で賑わっていた為に別室に通されましたが、むしろ願ったり叶ったりでした。
一品の値段は少々割高だが、量が多い目なのが印象的。
そして美味いんだな~これが!

f:id:tibitansoku:20180525223451j:plain
竹の子の煮物(?)
旨かった♪

f:id:tibitansoku:20180525224747j:plain
馬刺し
コレを喰いたいが為に居酒屋に来た位です。
生臭く無く甘みすら感じる上に、2人前でこの量です。
幸せになれました(笑)

f:id:tibitansoku:20180525225002j:plain
おしぼりうどん
この近辺の名物だそうで、大根の辛い汁で食べます。
辛過ぎなら味噌を入れて喰うのですが、これは旨かった!
今度来たら絶対に喰います。

その他に注文した飯の数々

f:id:tibitansoku:20180525224637j:plain

f:id:tibitansoku:20180525225256j:plain

f:id:tibitansoku:20180525225324j:plain

f:id:tibitansoku:20180525225350j:plain

f:id:tibitansoku:20180525225417j:plain

f:id:tibitansoku:20180525225447j:plain

確かもっと注文した??
全てを撮影して無いかも??
スグ近くに宿が有る事を良い事に?
この他ビールに日本酒にサワーにと、着実に駄目な大人と変化の過程を追ってました。

その後スナックにはしご酒

f:id:tibitansoku:20180525225854j:plain
居酒屋ゆかりの店員さんの紹介で、昨年利用したスナック『まりも』です。
この近辺外人さんの怪しい店が目立つ中で、安心して飲める店です。
美人で年齢不詳なママさんも健在。
和ませて頂きました。


こんな感じで初日を終えましたが、2日目の様子は長くなるので次回UPします。

f:id:tibitansoku:20180525230329j:plain

    

カブ110のメーターギアが壊れた

それは、ある日突然な出来事で有る。

前の車速いな。何キロ出しているんだ?
0キロかって・・・おい!!
針が動いてないじゃないか!!(汗)

急いで動作確認
メーターワイヤー?メーターギア?
メータ本体だったらシャレにならんが、この時点ではワイヤーは無問題。
コレ以上の原因究明はバラしてみないと解りません。

と言う訳で、バラしてみました。
ついでに新車時にグリスアップを施しているので、その後の経過も確認してみます。
確か2012年モデルだったと思います。

f:id:tibitansoku:20180505235416j:plain
確かワコーズの梅ジャム(ウレアグリス)を塗布
油っ気は無いけれど、良い状態を保っています。

ボルト類の2面幅:14mm・19mm
締め付けトルク:59Nm

ハブ・ブレーキ

f:id:tibitansoku:20180505234827j:plain
確か一年前にタイヤを変えた次いでに洗ったので、思っていた以上にブレーキカスも少なく綺麗

f:id:tibitansoku:20180505235743j:plain
1番気になっていた『ブレーキカム』
錆びるとブレーキ性能に影響が出る部品です。
油っ気が無かったのでグリスアップを施した訳ですが、かっなり綺麗な状態を維持していて安心しました。
関係ないけど、これ外してしまうと、再び取り付けるのが面倒だったり・・・
再取り付けがシビアなので苦手です。

f:id:tibitansoku:20180506000155j:plain
フェルトのダストシールはカラカラでした。
しかし、ブレーキカムの状態から分かった事は、以前注油した効果はテキメンだった事が分かりました。

f:id:tibitansoku:20180506000443j:plain
続いてブレーキパネル
偉くグリスが汚くなっているが、特に問題は無さそう・・・
しかし、大量のグリスに紛れ、謎の破片を発見
まさか・・・

f:id:tibitansoku:20180506001112j:plain
不安的中。
メーターギアが破損していました。(下の白い部品)
グリスっ気もあるし何故破損したのか解りませんが、大量のグリスが抵抗となっていた??
よく分からんが、メーターが動かない原因がわかっただけだも良しとします。
それにしても、祝日に壊れなくても・・・
GW中メーカー休みなんですよね。
部品が届くまで迄、外し物を再取り付けです。

休み明けに届いた部品。

f:id:tibitansoku:20180511184909j:plain
部品までMADE IN CHINAなんですね。
改めて中華カブなんだ。と実感した瞬間です。

f:id:tibitansoku:20180511185103j:plain
早速取り付けしました。
しかし、もしメーターが動かなければ、メーター本体の故障確定です。

f:id:tibitansoku:20180511185237j:plain
メーターの動作確認OKでした。
取り外したメーターギアを見て思ったが、プラスチックの部品にしては負担が掛かる場所で仕事している印象で、カブで壊れる事例も多いのでしょうか。

追伸

f:id:tibitansoku:20180505235743j:plain
上記で触れた『ブレーキカム』
直接ブレーキシューを動かしている部品で有り、グリスアップが必要な部品です。
油っ気が無くなり錆、汚れ、固着となれば、モロにブレーキタッチやブレーキ制動に影響を及ぼします。
ちなみに新車時には油っ気が皆無だったのでグリスアップし、4年後も綺麗な状態を保たれていました。
しかし、問題が有ります。

f:id:tibitansoku:20180511191400j:plain
ブレーキカムを外すには、このブレーキアームを外します。
このブレーキアームの取付が曲者で、適切な位置で固定しなければ、ブレーキ制動性、レバーのタッチフィーリング、ブレーキの引きずりなど、ブレーキ動作に関わる全ての動作バランスが崩れます。

固定ボルト:10mm✕2ケ

f:id:tibitansoku:20180511195356j:plain
ブレーキアーム、ブレーキカム双方に設けられた『ポンチ印』を確認。
並行になるように固定する必要があります。
しかし、並行に取り付けつもりだが、何故か以前のブレーキフィーリングに戻らない。
1歯ズラしたらブレーキフィーリングが悪化した。なんて事も有りました。
ブレーキアームをズラした勢いで、裏に有るスプリングもズレていた。なんて事も有りましたが、どこが並行なのか解らなくなったので、バラす前にマジックペンで線引した方が良いかもしれません。

ここの管理人が不器用なだけ。なんでしょうが・・・(苦笑)

これにて一件落着 

セローのキャリパーを揉み出ししてみた。スイングアームのベアリング化も依頼した。

大嵐のDOAから数日経ちましたが、あの日以来大きな天気の崩れ無し。
・・・
狙ったかのような嵐な悪天候
命中率が高過ぎです(苦笑)

tibitansoku.hatenablog.com

 泥だらけになった姿は名残惜しかったが’、スイングアームのべリング化とブレーキキャリパーのお掃除する予定だった為、仕方なく涙腺崩壊する思いで洗車して(笑)

スイングアームのべリング化はショップに依頼しました。
何だか妙に跨り易い印象を覚えたが、劇的な変化とまで感じれず。
しかし、いつもの調子でコーナリングすると・・・あれ??
リヤサスの沈み込が早くなった印象が違和感となって表れ、バイクが一回り小さくなった錯覚を覚えました。
プリロードを掛けたら楽しい結果が待っていそう。そんな予感すら感じました。
またセローのスイングアームは、金属のカラーと樹脂製のブッシュとの組み合わせになっているが、この硬い樹脂製のブッシュが金属のカラーを削っていました。
走行距離は3000キロ弱で(汗)
そしてリンク類のグリスっ気は皆無で、納車時に足回りのグリスアップを施せれば理想かもしれません。


話は変わり・・・
フロントブレーキキャリパーの掃除しました。
掃除=オーバーホールと言うよりは、軽い洗浄とグリスアップが目的。
キャリパーも泥だらけでしたから(苦笑)

必要物品

f:id:tibitansoku:20180501002540j:plain
ピストンツール
キャリパーピストンをコレでグリグリしちゃいます。

f:id:tibitansoku:20180501002711j:plain
CCIメタルラバーMR20
ゴムと金属の潤滑剤。ゴムに優しくブレーキフルードと仲良しなケミカル
その他に工具、中性洗剤溶液、水、歯ブラシ

f:id:tibitansoku:20180501002953j:plain
パット見は綺麗なキャリパー
しかし・・・

f:id:tibitansoku:20180501002928j:plain
ピストンは汚れてました。
中性洗剤と歯ブラシで洗浄し、メタルラバーを塗布して軽く揉み出しを実施。

f:id:tibitansoku:20180501003210j:plain
洗浄前のキャリパー
ダストの汚れは固着となって落とせなくなりがちなので、出来ればマメに掃除が出来たらと思います。
この片押し2ポットキャリパーですが、異経ピストンを採用しているんですね。
ちょっと驚きながら揉み出しをし・・・
何回やっても小さなピストンが遅れちゃいますが、メタルラバーが馴染むと動きも無茶苦茶スムーズになったので、これで良しとする事に(苦笑)

しかし、ココまでは良かったが、、、、

f:id:tibitansoku:20180501205933j:plainブレーキフルードって、こんなに早く(約3000kmの半年)黒くなるもん??
購入してから雨ツーリングが多かったし、林道で泥まみれになる事も数回有ったので、ブレーキフルードにとっては劣悪な環境だった。とも言え無くは無いけど・・・

知っちゃった以上、流石に「見てなかった事に」は出来ず。
交換する事にしました。

f:id:tibitansoku:20180502122408j:plain
本来『ブリーダーキット』なる物で交換が望ましいが、超簡易的で費用も掛からない方法で交換。

f:id:tibitansoku:20180502123334j:plain
交換終了。
本来の色に生まれ変わりました。

f:id:tibitansoku:20180502123425j:plain
ブレーキフルードは塗装に悪さするので、念の為に水をぶっ掛け作業終了。
水を掛ける事で塗装に対しての攻撃性は無効になるそうです。
ついでにリヤ側も見てみます。

f:id:tibitansoku:20180502124053j:plain
画像では解り難いですが、こちらも色が黒くなっていたので交換します。

f:id:tibitansoku:20180502124220j:plain
最後に水をぶっ掛け、こちらも本来のフルードの色を取り戻しました。

f:id:tibitansoku:20180502124338j:plain
排出した図
元々は限りなく透明な黄色ですが、ご覧の通り茶色になってました。
交換時期が早過ぎなようで解せないですが、一先ずこれで安心です。

Door of Adventure2018春inマザー牧場に参加してきました。

春の訪れと言えば桜を連想しますが、花より泥んこ遊びが好きなココの管理人。
もうスッカリと年間行事となりつつ有る(?)春のバイクイベント

『Door of Adventure2018春inマザー牧場』(以降DOA春)に参加してきました。

f:id:tibitansoku:20180417203840j:plain

オフィシャルサイトはコチラ→doorofadventure


千葉県房総半島で開催される『迷路と言う名の冒険』も今年で4回目。
主催者から渡される簡易的な地図を頼りに、アッチにコッチに右往左往。
道中待ち構えているダートにクイズにチャレンジコースと進んで行けば、予想以上に悪いコンディションに苦笑し、戻ってくれば全身泥だらけ♪
ラリー要素満載な林道ツーリングであります。

このイベントには毎年参加していますが、昨年は会場に向かう途中に事故で不参加となっただけに、今年のDOA春は本当に待ち遠かった!!

f:id:tibitansoku:20180417204312j:plain
トラックにカマ掘られ、哀れな姿となった690ENDURO R
このリベンジを果すべく、コツコツと準備し望んだ今年の春のDOA
そして今年はサーキットも走るベテランで、ダートに興味があると言う仲間内も初参加。
林道もオフ車の経験も少ない無い分、楽しみで仕方なかったようです。
超個性的なバイクで参加して来た位ですので(苦笑)

f:id:tibitansoku:20180417205205j:plain
川崎のじゃじゃ馬125cc、川崎の超じゃじゃ馬250cc、音叉の真面目一徹250cc。
お手製コマ図ケースの仕上がりも驚いたけど、コマ図ケースホルダーをゼッケンスペースとしているアイデアに脱帽!
写真撮れば良かったかと(汗)

天気予報では前日から天気が崩れ、当日は春の嵐になると予報有り。
そんな予報も見てなかったフリをして?
東京湾フェリーにイザ乗車

f:id:tibitansoku:20180417210207j:plain

パラパラと小雨だけどが風は大丈夫そう!
「明日大丈夫だよ!」と何の根拠も無い予報を立てる「素人天気予報」
ただ単に現実逃避なだけなんですけどね。
そのまま会場となるマザー牧場へ。
昨年からなの??
前日でも受付したらコマ図を渡してくれてラッキーです。

f:id:tibitansoku:20180417210730j:plain
広い室内でコマ図を巻けるなんて・・・幸せ過ぎて涙出そうでした。
宿に前泊して本当に良かった。と言う思いから、丁寧に作ると心に決めて作業開始。

f:id:tibitansoku:20180417211204j:plain
ま~五分もすれば飽きて適当ですけど・・・何か??
紙の端っこビリビリ破けていたけど気にしません。(汗)

ラリーの朝は早い
早朝5時から車検開始。
しかし真っ直ぐ走れない程に強い風が吹き荒れる。

6時ブリーフィング開始。
木々は風で大きく揺れ始め、突然の雨は霧となって見える程の大雨。
この時点でダートで泥々化決定です。

「皆さんが好きな良い天気になりました」と言う主催者さん。
ダート好きの心理を良くご存知です(苦笑)

7時冒険の扉が開かれる。
今年は参加人数が多い為、ゼッケン毎に2コースに別れスタートとなる。
いつも思うがスタート直後は連なっていた隊列だが、暫くするとバラけるのが不思議です。
今回初参加の2人とは少しの間並走し、コマ図の読み方を覚えた頃に独り歩き。
自分だけかも知れませんが、ラリーは単独で走るから楽しいと思っています。

そしてスタートして間もなく、チャレンジコースに突入。
不参加だった昨年も大変だったようだが、雨降る今年は悲惨なんじゃないか?
と恐怖心一杯でチャレンジした結果・・・

f:id:tibitansoku:20180417213229j:plain
地獄絵図でした(大涙)
小ちゃいのでも大変だったのに、助けがなければビックバイクは厳しいコース。
チャレンジコース以外のダート(林道)走行もヒヤヒヤです。
自分も深い轍に落ちて脱出に苦労しましたが、ここでの教訓

『ダートも無難に走れる純正タイヤTW301/302 しかし泥々道は怖かった』

近々買い替えたいと決めたので有った。

あとDOAの粋な遊び。『そこに出向いて答え探し』も健在

f:id:tibitansoku:20180417214143j:plain
ヘトヘトの身体で登る長い階段。
主催者さん。きっとドSに違いない(笑)

f:id:tibitansoku:20180428221236j:plain
昼頃から雨風も落ちつくも、後半のダート区間は泥ん子遊びには打って付け。
この歳になって水溜りで遊ぶ機会なんてありませんから(苦笑)


そんな長かった冒険旅も終わりに近づき・・・

f:id:tibitansoku:20180417214632j:plain
ターゲットタイム内にゴールしました!
でもね。ちょっと到着が早過ぎな気も・・・
どこかでワープしちゃったかも(汗)

f:id:tibitansoku:20180417215012j:plain初参加な皆さんも無事完走!
バイクを乗るセンスが有るんでしょうね。
それに引き換え自分はリタイヤばかりでしたから。

それとお決まりの・・・

f:id:tibitansoku:20180417215256j:plain

見て下さい。
バイクもきれいになりました。

f:id:tibitansoku:20180417215356j:plain

泥だかエンジンだか解りません。
エキパイも太くなりました。

f:id:tibitansoku:20180417215533j:plain

ここまで汚れれば、カッパの役目果たしたとメーカーも喜ぶでしょう。
ワークマン最強です!!

こうして楽しかった1日も無事終了。
非現実的で刺激的なイベントを開催してくださった主催者様、スタッフさんに感謝いたします。
参加する度に思いますが、こんな所行くか?と思うような道ばかり。
素晴らしいスキルを持つ方々だと思わずにはいられません。

感謝致します。

f:id:tibitansoku:20180417215732j:plain余談ですが、夕方には春の嵐も収束し、海も穏やかに見えたけど・・・
東京湾フェリーが欠航しちゃうアクシデント発生で、排気量的に高速道路を使えない=1人帰宅困難者決定と相成りまして、、、、
千葉県君津市から横浜方面まで下道決定。
一緒に帰ってきたけど、ラリーより疲れました。

新しいグローブを買って試してみた。ついでに新しい工具を買った。

先日以前から気になっていた防水透湿系の新素材『OutDry』
そのOutDryを用いたグローブ『RSタイチ・アウトドライ・レイン・グローブ RST439
』を購入し、先日春の嵐の中使ってみました。
tibitansoku.hatenablog.com
風速10メートル位?(自信無い)に、予報では降水量3mmの雨の中、約3時間使う機会が有りましたが、予想より雨の染み込みが早い印象でした。
染み込むと言っても1時間程で掌が薄っすらと湿る。と言った程度で、グローブの脱着に苦労する程では有りません。
しかし、一旦染み込み始めると徐々に防水効果が薄れる印象で、手には湿っけを感じますが表皮がズブ濡れ状態なので仕方ないかと。
ただ手は濡れるけどズブ濡れになる事は無く、強い不快感は感じず。
このことから「防水」と言うよりは、「撥水」と言う認識で使用した方が良いかもしれません。
厚手のビニール手袋ではありませんしね。

霧雨~小雨程度なら手が湿る事もなく、むしろ温かみを感じる程でした。
例えるならGORE-TEXのカッパを着ている。そんな印象です。

それとレイングローブではありますが、保温=防風効果を期待した使い方は有りかと。
例えば秋口や春先などウィンターグローブを使うまでも無い時、またハンドルカバーと併用したら真冬でも最強な予感すらします。

こんな印象を受けました。

話は変わり工具を買いました。
先日悪天候の中ラリーに参加し、人もバイクも泥だらけ。
洗車が・・・(苦笑)
普段洗車は大嫌いだけど、何かの拍子で『ヤル気スイッチ』が入いる事があります。
滅多に入らない『ヤル気スイッチ』がONになると、出来る範囲で外装を外して洗いたい派に変身。
しかし、セロー250の外装外す毎に思いますが、シェラウド外しが凄く面倒。

f:id:tibitansoku:20180416224733j:plain
丁度赤丸付近に有る固定ボルトがあるが、絶妙に工具が使い難い位置に有り。
角度が解り難い、手が届かない、見難いの三拍子(苦笑)
ヘックスレンチのボールポイント側を使えば、イライラする程ボルトが落ちます

f:id:tibitansoku:20180416225309j:plain
右側がボールポイント。角度を付けて扱いたい時便利。

ちなみにシャフトの長いヘックスで、ストレート頭の物は持ってませんでした。
これは必要だと購入したのがコレ

f:id:tibitansoku:20180416225710j:plain
エイト製ヘックスハンドルを購入
社名がエイトでも、ヘックス=六角が得意なメーカーだそうです。
予想通り無茶苦茶易かったです。
この手の物は持っていないので増やそうかな。と思った矢先、あれ?以前買った物はボールジョイントだったけ?
違っていたような・・・再確認。

f:id:tibitansoku:20180416230321j:plain
HAZETで持っていたり(苦笑)
確か衝動買いしたけど、セット物で使うの勿体無いから。と保管し、時間の経過と共に存在を忘れておりました。
ある意味間違った工具の使い方かもしれませんが(汗)