短足ですけど・・・何か?

ゆる~いブログです

福島県奥会津ツーリングに行ってきた。~2日目編~

前回は初日の宿まで編

今回は宿から帰宅迄編。前記事の続きになります。

tibitansoku.hatenablog.com

パッとしない初日と違い、早朝から晴れ渡る天気となった2日目。
あれだけ強かった風も落ち着き、居心地の良い気温と相俟って、最高なツーリング日和な朝を迎えました。

f:id:tibitansoku:20170623215748j:plain
宿のスグ近くから見た国道118号線

『折角福島まで来たのだから』との事で、プチ会津観光して帰ろうと寄り道決定。
これから青森県に向かうアドレス125で来たメンバーとは宿で別れ、いざ会津市内に向います。

先ず目指すは『塔のへつり
走ってスコブル気持ち良い田舎道な国道118号から、生活道となる国道121に入って間もなくして到着
なんとも味のある駅舎の近くを通れば、『塔のへつり』が垣間見れます。

f:id:tibitansoku:20170623221436j:plain
塔のへつり
天然記念物公園&パワースポットだったんですね。
後日知りましたが、高所恐怖症の人は駄目かも??
ちなみに『へつり』とは地元の方言で『断崖』の事だそうで、パソコンで漢字変換しても候補に出ません。

詳しくは下郷町観光協会のHPを見て下さい。

shimogo.jp

f:id:tibitansoku:20170623222407j:plain
その自然が作り上げた雄大な造形美以上に、お土産屋に有ったマタタビマムシ酒、ソフトクリームに心を奪われた一同は、店内に掲示されたいた『大内宿』のポスターに釘付け。

ソフトクリーム片手に『ネギ蕎麦食べたくない?』

食気への欲求は天然記念物公園にも勝る強さです。

そうと決まれば早いもんです。
塔のへつりから約20分位移動し『大内宿』に到着

f:id:tibitansoku:20170623223309j:plain江戸時代の宿場の面影が残る貴重な場所だそうです。

f:id:tibitansoku:20170623223629j:plain
流石観光地だけあって多くの人達で賑わってましたが、駐車場のシステム変わりましたね。
確かバイクも手前の駐車場に停められたと思ったけど、かっなり奥まった場所に変更。少し歩くようになってました。

f:id:tibitansoku:20170623223901j:plain
ここ周辺の山々がスコブル好印象。

f:id:tibitansoku:20170623224049j:plain
大内宿を散策した後は、お楽しみな昼飯タイム。
勿論喰らうのは名物と言う「ネギそば」一択です。

f:id:tibitansoku:20170623224622j:plainこちらが「ねぎそば」
長ネギで蕎麦を食べながら、途中で長ネギも噛り喰う。食べ方だそうだが、長ネギの辛さが勝ちまくって・・・普通に箸で食べました。
ネギの消費量が高いと有ったけど、このネギ蕎麦をみれば凄く納得です(笑)

そんな会津の名所を見て回り、時計を見ればアレヨアレヨと12時近く。
当初は大内宿→国道121→スコブル快適な国道289(甲子道路)→白河ICを使い、14時頃所沢IC到着予定だったが、逆立ちしても間に合いません(苦笑)

「急ぐ旅じゃあるまいし」とノンビリ走れば眠気を覚え、ちょっと元気に走ろうとすればバイク的に疲れを覚える。
小排気量バイクでのロングツーならではの難しさです。

そんな福島奥会津ツーリング。
走って気持ち良い箇所が多い所だらけ。
おまけに林道だらけだけに、また東北ツーリングに行きたいですね。

 

福島県奥会津ツーリングに行ってきた。

始めに・・・
長くなる為、2部構成でお送り致します。

多忙中の為、久々のブロク更新です。

なんてセリフ言ってみたい。

久々にネタが出来たのでブログを更新します。

職場のバイク乗りが集い、先日福島県へ温泉ツーリングに行ってきました。
今回の目的は『檜風呂』『馬刺しと酒』そして『地元食材の食事』
態々福島県に行かなくても?と思う人もいるかもしれないけど、行く先には心の故郷とも言える小さな温泉街と宿が有ります。
素敵な温泉街なんですよ。これが!

そんな遠く遠くな福島県に向かった人達がコチラ

f:id:tibitansoku:20170608224642j:plain
住所録、馬術用語、 3王国の守護聖人兵庫県明石市、偶蹄類
普通これでロングツー行かないよね?と言わんばかりの、小排気量なバイクの数々。
この後、原2は更に東北ツーリングを続けていましたが・・・

まだ闇も明け切らない出発の当日。
地元も寒いが福島は更に寒いらしいと、6月なのに冬装備なツーリングとなりました。
早朝覚醒で只々眠たい面々は、一足お先に出発した原2と宿泊宿で合流すべく、目指すは第一の目的地『磐梯吾妻スカイライン』に向います。

バイク的に『バビューン』と出来ないフラストレーションを覚えつつ、程よい暑さの那須高原を超えてから横風強風祭りが開催。
ビビリミッター作動しっぱなしのまま福島西ICに付くも、高速降りても横風強風相変わらず。
この先向かうは標高の高い磐梯吾妻スカイライン
もっと過酷なんじゃないか?
でも絶景かな絶景かな。な磐梯吾妻スカイラインに行けば、困難も疲労も忘れるでしょう。

しかし・・・

f:id:tibitansoku:20170608230710j:plain
半端じゃなく寒かった(涙)
イケメンじゃなくって良かったよね。ばりに鼻水ジュルジュル。
風は落ち着いたけど、寒いったら有りゃしない。

f:id:tibitansoku:20170608231631j:plain
必ず天気に左右される面々です。
でも流石磐梯吾妻スカイライン
何箇所か250ccでは厳しい登り坂が有ったけど、道中走ってスコブル気持ち良い!!
遠回りした甲斐有るが、芯まで冷え切った身体には流石に長居は苦境です。
「早く温かいの喰いたいよね」と、いつでも「花より団子」が身上の我が集団。
そそくさと昼飯を喰う予定の店に向かいます。

目指すは猪苗代湖
暖かくなるだろう。との期待も虚しく、再び寒い&横風恐怖&小雨とマダマダ続く苦境を乗り越え、着いた頃には疲労感が更に倍。
さぞ飯美味いでしょう(苦笑)

f:id:tibitansoku:20170608232431j:plainドライブイン湖柳
数年前の福島ツーで訪れましたが、ノスタルジックな佇まいが良い感じ♪
飯ついでに馬刺しが買えるので、ある意味便利な店だと思います。

f:id:tibitansoku:20170617193139j:plain
限定の庄助ラーメン
醤油ラーメンの上に乗る焼き卵の下には、キノコやほうれん草や焼豚など入った珍しいラーメン。
過去に喜多方市の某ラーメン店で食ったラーメンより旨かった。

f:id:tibitansoku:20170617193729j:plain 味噌ラーメン
甘さの中に味噌の辛味も感じられて旨い!
地元では甘いだけの味噌ラーメンが多いだけに、嬉しさのあまり涙目です。

f:id:tibitansoku:20170617194000j:plain
チャーシュー麺(大盛り?)
上記の庄助ラーメンと同じ醤油ラーメン。
普通に旨いと思います。
会津では有名店らしい?
ラーメン屋さんらしくない店名の店よりも旨いかと。

心も腹も満たせば、宿まで約1時間半あまり。
猪苗代湖から県道49→国道と疑うR294→超狭いが面白い県道235馬入峠→走りやすい国道118と経て宿に向います。
県道235以外は凄く走り易く気持ち良い道でした。

f:id:tibitansoku:20170617195038j:plain
地元から約470キロ・・・長かった(汗)
この度お世話になった『岩瀬湯本温泉 ひのき風呂の宿分家』に到着です。

www.yuyado-bunke.com


岩瀬湯元温泉とは・・・

f:id:tibitansoku:20170617195323j:plain
開湯1200年と歴史有る小さな湯治温泉の街で有ったが、現在では2軒の温泉宿が経営されているそうです。
会津線湯野上温泉駅から車で約20分程とは言え、そこは山間に広がる昔ながらの風情と
鄙びた雰囲気が残存し、ノスタルジックであり懐かしさが残る温泉地です。

f:id:tibitansoku:20170617201107j:plain
共同浴場~おもで湯~
地元民と宿泊客だけが利用出来るそうです。

f:id:tibitansoku:20170617201413j:plain
何かの資料館でしょうか。
こちらも茅葺屋根な雰囲気が和みます。
f:id:tibitansoku:20170617201638j:plain
宿の玄関開ければ熊がお出迎え。
今回お世話になりました『分家さん』ですが、確か4年前に訪れている宿。
宿がもたらす雰囲気もそうですが、食事・温泉においてもスコブル好印象でコスパも嬉しい宿であり、念願叶って今回リピート迄に至りました。

f:id:tibitansoku:20170617202126j:plain
木造古民家ならではの情緒
和みます。

f:id:tibitansoku:20170617202435j:plain鯉テラス(だったけか?)
風通しの良い吹き抜けのバルコニーで、ここで飲むと酒が進みます。(笑)

風呂

f:id:tibitansoku:20170617202814j:plain
宿の看板にもなった檜風呂です。

f:id:tibitansoku:20170617202931j:plainやや小さめだが、少し熱めの湯は気持ち良いです。

f:id:tibitansoku:20170617203125j:plain
よっぽど良い湯だったのか。
温泉好きな人達は、何度も何度も浸かったそうです。

夕食

f:id:tibitansoku:20170617203636j:plain

お待ちかね夕食のアレコレ
地の魚と山菜が中心の料理ですが、山の宿には珍しい??
喰いきれんばかりのボリューム有るそれは、採算が取れているのか心配になる程。
勿論どれも新鮮で激ウマです。

f:id:tibitansoku:20170617203942j:plain囲炉裏で焼く川魚、特製だんご・鴨つくね串を中心に・・・

f:id:tibitansoku:20170617204213j:plain

f:id:tibitansoku:20170617204459j:plain川魚の煮付け、地鶏、フキノトウなどの山菜やら・・・

f:id:tibitansoku:20170617204627j:plain

f:id:tibitansoku:20170617204746j:plain名前が解らないが山菜の炒め物やら、旨い鉄板焼きやら・・・

f:id:tibitansoku:20170617204929j:plain
地竹の煮物やら

f:id:tibitansoku:20170617205035j:plain
臭味の全くない鯉の刺身やら

f:id:tibitansoku:20170617205230j:plain鯉寿司(別途料理)
半端じゃなく旨かった♪
また喰いたい!

f:id:tibitansoku:20170617205416j:plain馬刺し(特別料理)
会津と言ったら馬刺しだよね。
その旨さは語るまい!
別途買ったので浴びるほど喰った気が(苦笑)

f:id:tibitansoku:20170617205612j:plain
岩魚の刺身(別途料理)
淡水魚の淡白な味わいは酒が進むね。

f:id:tibitansoku:20170617205721j:plain
地の山菜と海老の天ぷら
塩で頂きます。
夫々の山菜の味が楽しめる大人の味
山菜名教えてくれたけど、紙に書かないと覚えられません(苦笑)

f:id:tibitansoku:20170617210002j:plain

味噌汁と白飯(撮影忘れました)
旨い料理なので白飯が進んで仕方ない!
そして動けなくなる一同。
食い意地は天下一です。

f:id:tibitansoku:20170617210348j:plain天栄村の地酒
地元でしか買えない?
どちらも美味くて甲乙つけがたい。
恣意と言えば寿々乃井が好みでした。

朝食編
一皿ずつ撮ってませんが、野菜を中心としたヘルシーな内容でした。
見た目によらず腹いっぱいです。

f:id:tibitansoku:20170617211642j:plain

f:id:tibitansoku:20170617211729j:plainこれに白飯、納豆、牛乳、オレンジジュースが付きました。

山の宿らしく『川魚』と『山菜』が主な内容でしたが、前文でもふれたようにボリューム満点。
ボリュームだけなら海の宿と遜色無さそうな。

今回のプラン
『テーブルde炭焼きプラン』
宿、温泉、料理に大満足な上、この内容で11000円!
嬉しい素晴らしいコスパでした。

優雅で上品なリゾートホテルも良いけれど、岩瀬湯元温泉のような山奥にヒッソリと佇み、小さな街には自然味・人間味そして情緒が有る場所も良い物です。
若い人向けでは無いかもしれませんが、都会の喧騒から離れて静かな時間を贅沢に使えるのは、こう言った秘境温泉ならではではないでしょうか。

福島奥会津ツーリング初日編はココまで。

長くなるので、2日目は後日UPします。

初めましてセロー250です。

事故った690エンデューロから、セロー250へ乗り換えました。
690エンデューロはメッチャ楽しいバイクです。
低速が薄く怒涛の加速感が有る上にシートが高く、バイク任せ走行しながらノホホンと乗るような性格では無いので、乗り手を選ぶバイクだと思います。
そんな面白いバイクでしたが、短足仕様にしても足付き性は極悪。
無理くり乗る都度に次第に乗る機会も遠の気・・・
身の丈にあったバイクに乗るべきかと(苦笑)
セローに乗り換えた経緯は色々有りますが、何はともあれ無事納車。
納車後は自分好みのカスタムと言う事で、スグに色々パーツを変えてみました。

タンデム製・ワイドフットペグ

f:id:tibitansoku:20170521231103j:plain
林道に行くなら『ブッシュガード』『アンダーガード』『ワイドペグ』は必須。
三種の神器と言っても過言じゃないかと。
ペグを幅広にする事で立ち乗りが楽になるし、踏み外すリスクの軽減も期待出来ます。

f:id:tibitansoku:20170521232405j:plain色々なメーカーからワイドフットペグが出ていますが、タンデム製の物を選んだ理由は『拘って作っているから』
後ろ下がり&幅狭のノーマルに対し、前下がり&20mmバックとなっているそうです。
シフトチェンジ以外、いつも爪先をペグに載せるタイプなのですが、良い意味で自然に爪先を置けます。
ハンドルバーも変更したら、もっと良さ気になりそうな予感プンプンです。

タンデム製・チェンジペダル

f:id:tibitansoku:20170521233002j:plain
上がタンデムオリジナル。下が純正
セロー250純正のペダルは普通の靴なら支障は無いが、オフロードブーツに対しては少々難が有るらしく、上下の調節範囲が狭い上に長さが短いのが理由。
また、その形状上、障害物にヒットし易いそうで、走行中に突然ニュートラルに入ってしまうケースも有ったとか。
購入したペダルは、それらの欠点を払拭する為に作られた物だそうですが、完全なるワンオフですね。
純正ペダルの面影が有りません(笑)

f:id:tibitansoku:20170521234038j:plain
オフロードブーツ以外の靴だと少し遠いですが、使い難さは皆無で慣れの範疇です。
上下の調節範囲も広がり、調節も更に行い易くなった印象です。

f:id:tibitansoku:20170520221259j:plain
野口シート
憧れのアルカンターラで作成依頼。
別途雨用としてノーマルシートも買い足しました。
サイドのワンポイントの青色が失敗した感があるが、シートカスタムを行えた自己満足度を思えば失敗も帳消しです(笑)
ただオプションのツーリングシートで作成依頼するべきだったと、ちぃと後悔。
かっな~~り足が窮屈で、長距離走ると脹脛が痛くなります。

 

ワイズギア・純正LEDフォグライト
写真準備中

実際に乗ってみて、踏み面が高過ぎるリヤブレーキペダル、スタンディングがシックリ来ないハンドルバー、突き上げ感が強いリヤサスと、頼りなく動くフロントサス、暗いヘッドライトなど、改善出来ればと思う箇所も幾つかあるので、少しずつ手を加えて行ければと思っています。

 

野口シート

車両入替に伴いシートをカスタムしました。
依頼先は『野口装美』 
憧れだったアルカンターラで作って貰いました。

アルカンターラ (素材) - Wikipedia

f:id:tibitansoku:20170520220513j:plain

野口装美とは・・・

a-seat.jp

ダカールラリーやバハ1000などで有名で、2輪4輪問わずファクトリーチームのシートに『ノグチシート』が垣間見れます。

f:id:tibitansoku:20170505004529j:plain
こんな感じで。

ラリーなどの過酷な環境下で培われた確かな技術は、『世界の野口シート』と呼ばれ、
シートにプリントされて『KING OF SEAT 』は本物の証 
そんなオフロードのイメージな野口シートなので、オンロード乗りよりオフロード乗りの間では知られた存在??
OFF車に乗り始めてきた以来、様々な理由で野口シートを利用させて頂いています。


XLR250R

f:id:tibitansoku:20170505220817j:plain若干アンコ抜き、ウレタンフォーム加工を依頼したと記憶しています。
全面ビニールレザー、側面はメッシュのビニールレザーで作って貰いました。
林道に色々と長い間酷使しましたが、この丈夫さを知ってからトリコとなりました。

XTZ750スーパーテネレ

f:id:tibitansoku:20170505220941j:plainシート破けの為に表皮だけ交換
純正の青に対し、黒のビニールレザーへ変更
XLRでの実績が有ったので、迷うこと無く野口装美に加工依頼しました。

 

KTM 690ENDURO R
f:id:tibitansoku:20170505221206j:plain納車時点で既に装着済み。
全面黒のビニールレザーなのでパット見気付き難いが、座面と側面と生地が異なっているだけで無く、衝撃吸収剤とウレタンフォームも使用。
そんな超贅沢なフルカスタムシートを頂きました。(LUCKY!)

 

SEROW250 

f:id:tibitansoku:20170520221259j:plain折角の新車だから色々付けちゃえ。と勢いで?シートもカスタム。
別途ノーマルのシートも購入したので、気分で着せ替えられます。
(やり過ぎた感が有りますが(苦笑))
配色は車両が無い状態下で行いましたが、本当に色彩センスがある人が羨ましい。
横の『青』はヤマハをイメージしたが、赤の方が良かったかも??

f:id:tibitansoku:20170520222256j:plain
『ALCANTARA』のタブがシートの底面に有り。
このさり気なさが所有欲を満たしてくれます。

f:id:tibitansoku:20170520222546j:plain
初めてアルカンターラの生地で作成して貰いましたが、細部の作り込みが半端ない!
ビニールレザーと違い伸びないからでしょうか。
黒い生地はストレッチ生地で、湾曲したシート形状に対し複数枚の生地を用いていたりと、採寸や裁縫は偉く手間が掛かっていそうです。
正直アルカンターラの生地は凄く高い。と思ってましたが、改めてみると納得出来る仕事だと思います。
底面等の普段見えない箇所に『技』を見せる野口装美の『粋』を感じますね。

 

Door of Adventure2017・Mother Farm ~その後~

毎春参加していたイベント『Door of Adventure2017 Mother Farm 』(以降・春のDOA

今年は会場に向かうと途中、後ろからダンプに追突されるアクシデントにより不参加決定。
当日は物凄く面倒な事故連絡等で時間を取られ、その後も相手の保険会社からのTELに対応したり、送られて来た沢山の書類にサインしつつ、事故受診の為に適当に選んだ整形外科に通院を始めたのは良いけれど、超~~無愛想で上から目線な受付が恐怖です。と言うオチも有る生活を送っています。

過失割合が0対10の圧勝だったのが唯一の救い?
幾ら保険会社から支払われるか判らんけど、予想より高値だった。なんて虫の良い話しが有ったら嬉しいが、保険絡みなので修理期間は長くなりそうです。 

f:id:tibitansoku:20170407231635j:plain
当分690EDとは離れ離れです。

事故の話しは重くなる一方なので、本題で有るDOAの話に戻しますね。
先日DOAの主催者様からTシャツ等モロモロ送って頂きました。

f:id:tibitansoku:20170422225241j:plain
デザイナーさん雇っているのでしょうか。
今回もデザインセンスが光ってますね!
何気に牛の模様が千葉県になっているし(笑)

f:id:tibitansoku:20170422225636j:plain
DOA春のオリジナルTシャツがコンプリート!!
現地で貰っていた筈なのに、不参加だったのがマジで悔しい~~!!!!!

そして、もう一点
なっなんと!
DOA2017・Mother Farmの動画がYouTubeに投稿されました!!
酒とジンギスカンな前夜祭、そして当日の車検様子からブリーフィング。
あの凄く緊張するスタートシーンから、様々なコースで健闘する参加者さんの姿・・・
動画の最後には参加者全員の名前が有ったりと、エピローグとして粋な演出も!
(勿論自分の名前も有りました)

DOA 2017 Mother Farm

何やら風が強く、チュルチュル&障害物セクションも有ったようですが、これぞDOAって感じの雰囲気が詰まっていて、見ているだけで物凄く楽しそう!!
あ~~マジで参加したかった(涙)

 

今宵の1杯
気になって仕方なかった『塩と生姜』のラーメン屋
想像しただけでも「旨いヤツ!」
7席だけの小さな店内の前には、今か今かと待ちわびる人達の列。
話題のラーメンは期待通りに半端じゃなく旨かった♪
トッピングの鶏肉との相性も抜群で、近くの際は再訪したいです。

f:id:tibitansoku:20170422234556j:plain塩生姜らー麺専門店 マニッシュ
JR神田駅西口から徒歩約4分
ちょいと解り難い場所に有るけれど、ラーメン激戦区の中でお勧めの1軒です。

塩生姜らー麺専門店 マニッシュ

食べログ塩生姜らー麺専門店 マニッシュ

 

 

 

 

Door of Adventureマザー牧場2017がスタートしました。

待ちに待ってました!
DOA(Door of Adventure)Inマザー牧場
通称『春のDOA』が開催されます。
この春のDOAへの参加も今年で4回目
スッカリ春の恒例行事??

今回は主催者側で新たな試みが有ったり、超~~~有名な某俳優で映画監督『Oさん』も来るなど、早期に申し込んで良かった。良かった♪

開催数日前から配布されるINFORMATIONをダウンロードすると、愈々来たか!と心躍らせ、マダかマダかとカレンダーをめくり、一週間前には天気予報が気になって仕方ない。

f:id:tibitansoku:20170415214126j:plain
ホテルの予約も取りました。
荷物も送ったし、飯屋も調べた。(勝浦タンタンメン食う気満々♪)
バイクもラリー仕様に作りました。

ワクワク気分で迎えた当日の朝
チィーと風が強く、アクアラインの通行に一抹の不安を覚えるも、気持ちは既に千葉県上陸♪

しかし!!
悲しいかな。

 

信号停止時、ダンプカーに追突されちゃいました。(大涙)

 

青信号となりクラッチを握った瞬間、後ろからドッカン!!
タイヤとリヤフェンダーの間に車のバンパーがミラクルヒット。
タヌ◯のキ◯タマのように、折れたリヤフェンダーは『風もないのにブ~ラブラ♪』

f:id:tibitansoku:20170416164127j:plain

幸い渋滞中でスピードが出ておらず、無転倒だったのが不幸中の幸い。


でもね。
折れたリアフェンダー見て、一瞬で悟りました。

DOA(ラリーイベント)』に参加出来ないじゃん(大涙)

1年間待ちに待ち。
この日に備え準備して来た事が全てパーです。

怒りと絶望を通り越し、虚しさを覚えながら連絡しました。
警察&保険会社&予約したホテル&バイクショップへ。
周囲から大注目されながらです。

そして警察に事情徴収中、コマ図ホルダーを装着したオフ車が通り過ぎました。


あ~
これが勝ち組と負け組の構図。なのかと・・・(TT)

その後念の為に救急車呼ばれて病院へ。
仕事休みに白衣は見たくなかったです。

バイクはレッカーでバイク屋さんへドナドナ。
今気づく。
ドナドナ写真取れば良かった。
最高のブログネタだったのに!!

事故は本当に。本当に面倒です。
事故連絡は無茶苦茶面倒だし、貴重な時間も失われます。
そして事故を貰った側だとしても、交通機関を使って帰宅です。
しかも超個性的なバイクウエアー姿で(汗)

そんな訳で、今年の春のDOAは不参加となりました。
エントリー費と宿のキャンセル料を返せ!と加害者に言いたいです。

イヤハヤ悲しいですね。
自分が意図としてない理由で参加出来ないのは。

マジで、こう思う。
バイクは楽しんで乗りたい物ですね。
あっ!
車検証(軽自動車届出済証、標識交付証明書)、自賠責保険証、任意保険証、JAFなどのレッカーサービス会員証、健康保険証の携帯はお忘れなく!!
事故った時に無茶苦茶面倒ですよ(汗)

 

このパンツ。林道ツーリングで使えそう??

そろそろ毎春恒例のバイクイベントが開催
しかし、追い込まれないとヤラない無精なタイプな者で・・・
準備するのも面倒で、宿を取った以外な~んにも動いてません。

f:id:tibitansoku:20170411001712j:plain
時間作ってラーメン屋には行く癖に(苦笑)
やっぱり三田本店の朝二郎でしょう♪

ラーメンを含めて外食と言えば、バイクツーリングの楽しみ方の一つ。
事前に調べした店に行ってハズす時も有れば、旅先で偶々見つけた店が旨かった時は、得した感が半端じゃありません。

但し。これオンロードのツーリングに限った話し。

オフロード。特に林道などのダートツーリングの場合、ちょっと事情が変わります。
泥だらけ・・・と言うのも有るけれど、外食を躊躇う理由の一つとして・・・

f:id:tibitansoku:20170411003026j:plain
ダート走行に特化した服装が有ります。
ダート走行では動き易くて頑丈な服装=モトクロスパンツが好まれる傾向に有りますが、ひと度バイクから離れると・・・街中ではある意味奇抜?
グループで外食するなら心強いが、1人で外食すると恥じらいが(苦笑)

そんなオフロードパンツの中でも、ブーツアウトとしたパンツも有ります。
f:id:tibitansoku:20170411003905j:plain
マフラーで溶けるとか、枝葉に引っかるとかネガな声も有りますが、種類は少ない印象だけど、コチラの方が見た目は良いですね。

それともう一種類
以前から有ったようだけど、BMWのラリージャケットがあまりにも有名なコレ

f:id:tibitansoku:20170411004613j:plain
アドベンチャーやツアラー系の物
REVITやDAINESE、Klim位??で、殆ど見られなかった印象だったが、マルチパーパス系のバイクが流行り始めたからなのか?
最近では最近チラホラと目にするようになり、バイク用品店でも店頭在庫を見かけますね。
これらブーツアウトのパンツは見た目が良いし、臆すること無く店で外食出来るかも?

自分もREVITの物を所有してますが、林道ツーリングに履いて行く勇気が有りません。

泥汚れになるのが勿体無くって(汗)

「洗えば良いじゃん」「なんで買ったの?」と言われそうですが、何せ貧乏性な者には勇気が出ません(大汗)


そんなこんな理由から、臆すること無く林道ツーリングにも使えそうなツーリングパンツを物色
前置きが長くなりましたが、購入に至りました
買ったのはコレ

f:id:tibitansoku:20170411010040j:plain

ラフ&ロード・RR7470『デュアルテックスハードツアラーパンツ』

rough-and-road.weblogs.jp

ラフロのアパレルは久々ですが、痒い所に手が届き的な商品が多い上に、比較的リーズナブルな印象を受けます。
このパンツを購入する決めてになった理由がコレ

f:id:tibitansoku:20170411010632j:plain
大きく裾が広がります。
同じように広がるパンツは有るけど、オフロードブーツが収まる程に広がる物って案外少ないかも。

試しにオフロードブーツに被せて見ると・・・

f:id:tibitansoku:20170411011005j:plain
予感的中!
若干キツめながらも、収まります。
但し。

f:id:tibitansoku:20170411011132j:plain
ボタンは付けれれません。
それともう一点

f:id:tibitansoku:20170411011303j:plain
チャック開けても社会の窓は閉ざされています。
オールシーズパンツなので防風を期待しての作りなのでしょうが、トイレに行くと苦労するかと。(オーバーパンツで経験済)
でも細身のデザインだし生地も丈夫そうだし、防水透湿仕様で少しの雨なら凌げそうだったりと、チャックと大きなラフロの文字以外の点は良さ気な印象です。

 

今気づきました。
ブログアップする暇有るなら、春のイベントの真面目に準備始られました(笑)